Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
VOICE OF TAKU山崎拓の主張
実習船沈没事故につき、米側の迅速かつ誠意ある対応を求めます
「山崎拓の時々刻々」 2001年2月12日 第28号
ハワイ・オアフ島沖で、10日朝、愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」と米海軍原子力潜水艦「グリーンビル」が衝突し実習船が沈没、現時点でいまだ9名の方々が行方不明となっています。一日も早く発見、救出されることを祈るのみです。この事故は米原潜の緊急浮上訓練中に起こったとされ、米側は米原潜側に安全確認作業上のミスがあったことを事実上認め、謝罪の意を表明していますが、何よりまず人命救助、そして事故原因の究明、責任処分、補償問題など米政府の迅速適正かつ誠意ある事故処理を求めます。  
 
今週の国会は「KSD・外務省機密費」両問題の集中審議が行われます。本来ならば今国会こそ、財政再建への道筋をつける具体策をじっくり時間をかけ論じるべき時であるにもかかわらず、さながら"スキャンダル国会"となってしまい本当に残念ですが、この際徹底解明し政・官ともに膿を出すことが重要です。事実関係を明らかにし、二度とこのような問題を起こさないためのチェック機能を組み入れた再発防止策を確立する、そのことを通じて政治責任を明確にしなければ、もはや政治への信頼回復は期し難いと思います。  
 
予算審議は今のところ順調に進んでいます。この分では年度内成立も可能です。森総理は施政方針演説の中で、財政構造改革の検討に入ると申しましたが、必ず実行に移すよう求めます。「宮沢財務大臣が、景気対策の手を緩めるのではとの誤解を恐れて、国の中期財政計画の国会提出をしないよう指示した」との報道がありましたが、それでは本末転倒です。  
 
このように切迫した状況下、自民党は3月13日に党大会を開催する予定ですが、その際、思い切った党改革案を打ち出さなければ、間違いなく国民から見放されてしまいます。未だ党内に危機感が満ち満ちていないのが遺憾です。  
 
 
発 行 元:山崎拓(やまさきたく)事務所 「拓ネット運営委員会」  
配 信:インターネットの本屋さん『まぐまぐ』  
ホームページ・ご 意 見・ご 感 想 等: http://www.taku.net/ 
 
メールマガジンの購読中止: http://rap.tegami.com/mag2/m/0000029851.htm 
 
(メールマガジンの記事の転送・再配布は、ご自由にどうぞ)
 
このページの先頭へ