Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
VOICE OF TAKU山崎拓の主張
「政治家 山崎 拓の責任 この子たちに、ひきつぐ日本(くに)を。」シリーズ
安全な街、安心できる日本(くに)
〜原点〜“消費者の安全を考えんとちゃあらんばい”   
  
福田内閣は消費者庁の設置を決めました。私には非常に感慨深いものがあります。私と消費者行政との出会いは今から50年近くも前のことです。私の父、山崎進が日本の消費者研究の草分けであり、日本消費者協会設立に奔走したのです。まだサラリーマンだった私も父と一緒に、商品テストを政府の施策にできないか自民党本部に相談しにいったこともあります。   
地域のみなさんが安心して生活できるよう、消費者行政の推進にこれからも力を尽くします。   
  
シリーズ「安全な街、安心できる日本(くに)」   
  
◎ 犯罪を地域の目で防ぎます。   
  
子どもや高齢者、女性ら、犯罪被害者となりやすい人たちが安全に暮らせる街づくりを進めます。特に、近年、学校内への不審者侵入や通学路での事件など、子どもを巻き込んだ凶悪犯罪が多発しています。子どもたちの生活空間での安全を確保することは急務です。そこで、退職警察官を活用したり、防犯ボランティアと警察との連携を強化したりして、地域全体で街の安全確保に取り組んでいきます。   
  
◎ 食の安全を確立します。   
  
豊かで安全な食生活を守るためには、消費者の視点に立った制度が必要です。輸入食品に対する検査体制を強化し、国産品も生産から加工・販売まで、衛生管理を見直していきます。食料品の原産地や生産者について詳細な情報を得られるようにし、日本の食文化を学べる環境を築きます。また、地元で生産されたものを地元で消費する<地産地消>などを通して、食糧の自給率アップを推進します。さらに、日本の高い品質の農産物を海外に輸出することで、日本人が求める食の安全性を知ってもらえるように努めます。   
  
◎ 防災力の向上を目指します。   
  
中国の四川大地震やミャンマーにおける巨大サイクロンのような巨大災害が相次いでいます。日本も例外ではありません。地震や台風など、他の国よりも自然災害が頻発しています。自然災害は都市部でも深刻な被害をもたらしますが、その被害を最小限にとどめることが必要です。排水システムの整備や建築物の耐震化を行なって、街の防災力を高めていきます。また、正確な防災知識の普及や災害予測図の作成周知などにより防災意識向上を目指します。   
  
 
このページの先頭へ