Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
VOICE OF TAKU山崎拓の主張
天下分け目の参議院選挙始まる
「山崎拓の時々刻々」 2007年7月12日 第123号
7月5日延長後の通常国会が終幕し、7月12日から天下分け目の参議院選挙が始まりました。5千万件の宙に浮いた年金記録問題、相次ぐ閣僚の事務所費疑惑、消費税や住民税の増税問題等が争点となり、政権与党の自民党には明らかに大逆風が吹いています。   
これに対処する起死回生のリカバリーショットはないか党内論議も盛んですが、党を挙げて有権者に対し誠心誠意説明し説得の努力を行う以外に方策はないと思います。   
そこで、年金問題だけについて言えば、宙に浮いた年金記録の名寄せを一年以内でとしていたものを、三ヶ月前倒しして今年度中に全て完了することに変更しただけでなく、貰う権利のある方には洩れなく支給を保証することが大前提です。たとえば労使折半で保険料を払う厚生年金で、企業側が保険料を国に納付していなかった場合等です。   
最も大切なのは、将来の年金制度をどうするか、与野党連帯して国民に対し責任あるビジョンを提示することです。野党の一部には基礎年金を全て税方式で一律国民に支給する案もありますが、残念ながら財源の裏付けがありません。正直なところ消費税をそれに充当する以外にないと思います。わが党も責任政党らしく勇気を持って国民に理解を求めるべきでしょう。   
さて、7月7日は日中戦争の起点となった盧溝橋事件から70周年でした。私は当時満鉄調査部に勤めていた父の関係で、大連でこの世に生をうけたばかりでしたが、戦争の拡大と共に上海に移り幼児期を過ごしました。私は政治家として、日中両国の平和共存とアジアの繁栄のために尽すべく運命付けられている、と改めて思いを深くした次第です。   
 
このページの先頭へ