Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
VOICE OF TAKU山崎拓の主張
,覆次¬臼腸夙紳佛匹紡亶廓呂鯲てるの?⇒賛成派有権者の選択肢をつくるため
郵政民営化はあらゆる改革につながる
 今回の選挙が郵政民営化をはじめとする小泉改革の是非を問うものである以上、すべての選挙区で改革続行、推進を支持する国民の受け皿がなくてはいけません。ある選挙区で反対派しか立候補していなければ、投票する対象が見つからず、賛成の意思を表明できなくなってしまいます。これが、郵政民営化法案に反対した議員はわが党議員であってもあえて公認せず、賛成者を擁立しようとする理由です。   
 こうした手法について「強権的」との批判もありますが、わが党が郵政民営化の是非を国民に問うている以上、政党を選択する小選挙区制度の筋からいってやむを得ないものです。「非情」ともいえる今回の措置ですが、「新しい自民党」として改革推進にかけるわが党の決意はそれほどまでに強いものなのです。   
 「与党で過半数」という勝敗ラインを設定したうえで、わが党議員を公認しないのは「マイナスからのスタート」となります。しかし、わが党はあえて厳しいハードルを設定し、党員一丸となってこれを乗り越える道を選びました。   
(平成17年8月23日「自由民主」より抜粋)   
  
  
 
このページの先頭へ