Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
VOICE OF TAKU山崎拓の主張
今、なぜ「郵政解散」なの?⇒国民の皆さまに郵政民営化の是非を問うため
郵政民営化はあらゆる改革につながる
 小泉純一郎総理(総裁)が就任前から、一貫して必要性を主張してきた郵政民営化法案は国会で民主党などの反対により否決されました。このまま何もしなければ郵政民営化が政治課題にあがることはなくなり、ここまで進めてきた改革は頓挫(とんざ)することになります。   
 郵政民営化法案は本当に日本の将来にとって必要ないのでしょうか。   
 小泉総理は「国会で郵政民営化は必要ないという結論を出されてしまいましたが、もう一度国民に聞いてみたい」と述べ、「国民投票」で郵政民営化に再挑戦するための解散と位置付けています。   
 郵政民営化は是か非か―それは小泉改革をこれからも進めるかどうかの判断を求めるという意味です。そして、そのことは21世紀の日本が進むべき道を国民自らが選択するということに他なりません。   
 今回の選挙は歴史的に大きな意味を持っています。わが党は「改革を止めるな。」をキャッチフレーズにこの選挙戦を戦う考えです。そして、郵政民営化をはじめとする小泉改革の推進を求める多くの国民の声を結集していく決意です。   
(「自由民主」平成17年8月23日より抜粋)   
  
 
このページの先頭へ