クレジットカード現金化で業者が出資法違反で逮捕

お客様が逮捕されたケースはまだありません
新聞やニュースなどでもあまり目にする機会が少ないクレジットカード現金というものはあまり世間一般的に浸透している状態ではないため、良くも悪くも情報が少ない状態です。 しかし、実際に数件業者が摘発を受け逮捕されている事実もあります。 全国で最初はなんと2011年で東京都台東区のキャッシュバックスという未登録の業者で出資法違反で捕まって新聞の記事になっています。 実際の内部事情の問題は異なり、他人のカードの無断使用の決済などの詐欺行為などが行われていたと言われています。 今もなお運営しているクレジットカード現金業者に裏方の話を聞くと、個人のお客様にキャッシュバック率なども含めて納得をしてもらってからの利用となっているためクレームなどは少ないようです。 警察側も法律が変更にならなければどうにもならないグレーゾーンであるために、こういった事件の時はシステムそのものが悪いというニュースになる事があります。 他にも体験したお客様からの苦情が多く、ショッピング枠のサービスがしっかりと行われていない会社が逮捕され問題視されています。 しかし闇金融に流れてしまう一つのクッションとなっていることは事実ですし、悪徳業者だけでなく定期的なリピーターを多く抱える優良店も存在します。

逮捕された特徴はお客様からの苦情が多かった

悪徳系は闇金あがりが多いです
クレジットカード現金業者が個人で逮捕されるケースはお客様が想像している以上にずっと少なく、2003年以降からこのシステムがあるにも拘らず目立ったのは数件です。 闇金や違法なキャッシングと比較してみると非常に摘発のニュースが少ないのです。 それでも逮捕されるような悪徳系業者が確実に存在しているのも事実ですので、特徴を予め把握し利用する事を未然に防ぐことがベストです。 第一の特徴として、ホームページの細かいデザインのクオリティが低い事が挙げられます。 特にフューチャーフォン用の画像のないモバイルページしか存在しないような場合は特殊な詐欺に、絶対に遭わないように注意が必要です。 二番目には電話対応などのサービスが社内で周知徹底されていないことです。 逮捕されたクレジットカード現金業者は違法行為以外にもお客様からの苦情が非常に多かったので内密に警察が動いたという摘発のケースがほとんどです。 騙された、何かおかしいなどの違和感や、結局は損をしたと感じさせるようなマナーの悪い所は今後も淘汰されていくでしょう。

クレジットカード会員側が逮捕されたという実例はまだありません

今のところ安心して優良店と呼ばれるような逮捕されていない業者では問題はあまり多く起こっていないと言われています。 それは、多くの消費者の方もお金に結局困っているからです。 「もし、クレジットカード現金がなかったら正体不明の怖い闇金融に流されて行ってしまった」という方も過去には多く存在しています。 違法であるとか、礼状で逮捕されている等の前に、無職の方や専業主婦、時給で稼ぐアルバイトやパートの方が得意先の銀行での融資を断られてしまった場合の行く先がない事を国や自治体が理解しているかどうかは社会の疑問です。

全てのクレジットカード現金の業者が逮捕されない理由

東京都内の主要駅には駅前に店舗もあります
関東地方の新宿や神田、池袋や吉祥寺などではクレジットカード現金化業者の店舗を見つけることができます。 駅前のキャンペーンガールによる不特定多数へのティッシュ配りや放置看板も堂々と並んでいます。 本当に違法ならすべて営業停止や逮捕されてもいいはずですが、ここでは実際にそれは行われていません。 既に2002年後半ぐらいから10年以上もずっと摘発されず倒産しないで現金化の経営をしている個人の会社もあるのです。 テレビのニュースからみて逮捕されるような違法業者は一部であとは2016年現在もグレーゾーンな存在としてずっと生き残っているのです。 その理由として挙げれるのが、このようにまだ全てを取り締まれる法律が完璧にはない事や利用する層が少なからず存在する事が挙げられます。 銀行でお金を借りる方法はできても消費者金融は公務員や警察などは職種上で申込できなかったり、会社規約で禁止となっている所もあります。 そういった層のお客様は、通常このシステムがなければ暴力団関連の怖い所に怯えながらお願いしなくてはいけない状況になってしまいます。 今後、規制の変更がありクレジットカード現金が詐欺や違法となります。 全面的に摘発されるかどうかは現段階ではわかりません。 こうした地方ニュースの記事などで逮捕されているような悪徳系を嘘の口コミから誤って利用しないように注意しましょう。

クレジットカード現金【様々な疑問にお答えします】

このページの先頭へ