50万円分の債務をクレジットカード会社に背負う事が問題視


今のところこの消費者庁のページは注意点が非常に曖昧で説得力がありません

「この行為は違法ですのでクレジットカード現金はしてはいけません」という言葉はどこにもなく危惧されている問題点は「借金が膨れ上がってしまう事」「不意に利用停止になってしまう事」「入金されない事」「キャンセルができない事」です。 特に債務が増えてしまうという問題点を大きく取り扱っていますが、そもそもお客様の目的はお金を作る事ですので、クレジットカード現金の業者から振込がしっかりされていれば消費者から文句が出る事はあまりないと思われます。 そもそもこのシステムを利用する人のほとんどが消費者金融や銀行のカードローンの使用限度額が上限に達してしまったり、お金の工面に困っている人です。 ですので、そこそこの還元率でキャッシュバック出来るならむしろありがたいという方が多いのも事実です。

参考:自社製CD‐ROMを50万円で購入し、35万円を手に入れる例|消費者庁


クレジットカード現金では商品を一旦は購入しますが、その後、実行するかどうかや、どのように使用するかはカード会社にはわかりません
もちろん「クレジットカード現金するんですけど」とカード会社に自ら墓穴を掘って言ってしまったら契約上問題ですが、普通に使っている限りわかりませんし判断する事はできません。 仮に東海道新幹線の窓口で買ったチケットや東京ドームのナイターのプロ野球観戦などのチケットを友達の分まで購入し、昔からの友達に手数料込みで売ってお金を貰った場合それがカード会社にはわかりますか? 業者もそこら辺はしっかりと注意深く考えていますので、わざわざ明細にこれはクレジットカード現金の料金などとは記入するわけありませんし、業者名が記載される事はありません。 また請求や支払いのやりとりも通常のオンラインでのネットでのショッピングと同じ様にカード会社にしていくことになるので、一括払い、リボ払い、分割払いなどを自分で選択することができます。

クレジットカード現金が違法である事をしっかりと消費者庁のサイトでしてはいません


「問題がないわけではない」とか「借金を背負いこんでしまう可能性」を言っているだけではっきりと違法であるとは言いきっていません
今のところこのクレジットカード現金を完全に違法だと言えるところまで番人の消費者庁は対応しきれていないというのが声を大にできない現状でしょう。 借金を余計に増やしてしまう事は都市銀行を利用しようが、消費者金融でもありますし、それ以外にもっと危険な法外な金利を取る闇金の存在もあります。 しかし、現時点で負債が貯まってしまって総量規制の上限に引っ掛かってしまった専業主婦や学生、非正規のアルバイト、パートや何らかの理由で現在無職の方がお金を借りれる場所がないのは事実です。 現にそういった人たちが圧倒的にクレジットカード現金の利用者でも多いのです。 きっと他に借入先があれば、ここまで世間からの需要が自然と多いものにはならなかったでしょう。 お金を今すぐ必要としている人にとっては他業種と比べるとやはり安全で信用度が高く活用しチェックできる便利なものといえるのではないでしょうか。

消費者庁と警察庁の連携がないクレジットカード現金

東京の警視庁による逮捕が2011年夏に全国で初めてありました。 今までは法人税の故意の無申告による脱税などの別件逮捕が主でしたが、まずはクレジットカード現金が利息として高すぎて違法であるとのことで捕まったのはこれが全国で最初です。 消費者庁にも違法とは記載してないのに、ここで先に動いたのが警察庁ということで世間は法的にどう判断されるかが皆の注目でした。 しかし結局のところ起訴はされたものの罰金刑はあるが執行猶予がついた判決の結果になっただけです。 これで一連の世間の流れとしてますますクレジットカード現金を消費者庁は違法と呼べなくなったように思えます。

消費者庁のマンガはちょっと所や疑問点がいくつかあります


この白黒マンガは借金がむやみやたらに増えることを危惧しています

言い換えれば目的がしっかりあればこのマンガでは一切「法律違反であるからクレジットカード現金は使用してはいけません」とは書いてありません。 焦げ付くような借金が増えてしまうことが問題点になっているのです。 政府のページにそれが書いていないということは今のところ違法にできる法律がないということです。 もし法に触れていれば「第何条の~に違反しているので違法です」としっかり国民に大々的に呼びかけるはずです。 この作品はちょっとおかしなところが多いので、よく見ていきましょう。


主人公は借金返済のためなんとか工面をしたくてクレジットカード現金を利用しました

まず、この滑稽なマンガのおかしな所の一つ目は主人公は「月末までになんとかお金を工面する方法はないかな」と言っています。 また「借入の上限を超えているのでどこからも借りられない」と言っています。 この状態で主人公はクレジットカード現金を利用し、数日後にはしっかり50万円のキャッシュバックで40万円を振り込んでもらっています。 この時点で目的は達成していますし、手元に希望の40万円が残っています。 それなのに「借金がただ膨らんだだけ」という安直な表現とともに頭を抱える主人公の悲惨な姿が描かれています。 特殊詐欺のようにお金が振り込まれる事がなかったり、還元率がおかしかったりしたのならただ借金が膨らんでしまったという表現もわかります。 しかし自分でやり繰りのために業者に進んで申し込みをし、内容はしっかりとお金を振り込んでもらっているのにもかかわらず漫画の物語では悪い事のように意図的に描かれています。 借入上限額を残念ながら超えてしまっているので他の業者(恐らく銀行系カードローンや消費者金融などだと思われます)から融資を受けられない状態で急ぎで工面したかったお金を準備できたということに問題はないように思えるのですが、この主人公は一体何に困っているのでしょうか。


現金化業者と何か契約を押印して交わす事はありませんし請求はカード会社からになります

二つ目はこの主人公は40万円の銀行振り込みが行われた後、自分が利用したクレジットカード現金の業者のサイトがなくなったことに驚きショックを受けています。 しかし、ページが無くなっても会社概要などで住所などを調べておけば、今後でも電話連絡を取る事は可能です。 そもそも、お金を口座にしっかりと振り込まれたのならその後、クレジットカード現金の業者と何かやりとりをする必要は特にありません。 なぜなら返済はカード会社に支払っていきますし、これは、もう一度利用したい時以外には特に用はないのです。 この滑稽なマンガでもお金が振り込まれないまま、一方的な請求だけ自宅に来て借金が膨れ上がってしまったというなら話は判りますが、実際には希望しているお金を手にしているのです。 また、ネットで商品購入は基本的に、経済産業省が管轄の通信販売法なのです。 ここから事後の取り消しができなくて普通です 目的はその段階で既に達成していますし、後は自分が利用した分だけしっかり間違いなく遅れないように、確実に返済をしていけばいいだけの話です。 これが「カードの利用は長い目でしっかりと返済プランを考えましょう」や「借金にどうしても困ったら消費者庁の相談窓口に」などの一貫性のあるテーマだったらわかるのですが、これで被害事例と言われても、主人公は被害どころか目的を達成してしまっています。

マンガでクレジットカード現金の怖さを表すのには無理がある

結局のところは違法行為がないので取り締まれない、換金目的の利用者が増えたら困るから苦し紛れにリアリティーのない白黒のマンガ風にして利用を思いとどまらせる形です。 本当にいけないことならば、消費者庁も法的に訴えるはずなのに、マンガや担当大臣のメッセージやティッシュ配りで訴えかけるのは、あまり説得力がなくおかしいと思う。 このように日本が法治国家である以上は法律制定をするしかないはずです。 またクレジットカード現金がお客様が初めから割り切っていれば、特に問題はないはずなのです。

クレジットカード現金【様々な疑問にお答えします】

このページの先頭へ