決済をクレジットカード現金で行っても入金されない詐欺

利用される人が一番多く頂いている疑念が、1円も入金されなかったらどうしようという思いです。 クレジットカード現金が法的には違法ではないが、契約のカード会社の規約違反になるので、万が一でも詐欺になった場合に泣きつくところがないわけです。 申込者の多くが家族や知人に内緒という秘密性が強いのもあり、泣き寝入りになるのではないかと思ってしまいます。
しかしクレジットカード現金で入金されないということはあり得ません。 これは業者の立場で考えると分かることですが、警察の生活安全課に狙われやすい立ち位置にいる業種であるので、少しでも何かしらのトラブルや違法行為をすることが会社の命取りになってしまいます。 最近の警察の摘発を見ても、「脱税」「登記の住所がいい加減」「闇金もやっていた」という別件逮捕しかなく、適正な法律で取り締まることができていません。 なるべくお客様とはスムーズに取引をしたくリピーターになって欲しいという気持ちが強いので、入金しない詐欺というのはないと思っていいです。

参考:カード現金化業者を脱税容疑で逮捕|日本経済新聞

還元率が表記されているものと違う詐欺

クレジットカード現金のホームページには、取引した場合には何%の戻りがあるかを表す「還元率表」もしくは「キャッシュバック率表」という特設のページが全社あります。 一般に申し込む金額に比例して、男性よりも女性が、率が高くなるように明らかに何故か書かれています。 この数字についての論理上の詐欺がある、というよりも全部のところが本当は違う還元率になります。 これは電話で問い合わせてみると分かりますが、88%と記載されていても実際とは異なって引き下げられて75%だったりします。 差額分は何なのかを担当者に尋ねると「決済手数料」とか「送料」とか「8%の消費税分」とか、クレジットカード現金の会社によって様々な言い訳になるわけです。 これを今の段階で詐欺と呼べるかどうかは難しいですが、換金額が記載と違うので一瞬は誰もが戸惑うかもしれません。 この仕組みに慣れているお客様だと「実際は今は本当はいくらになるの?」と初めから仕方がないと割り切って電話で直接聞いてしまいます。
しかし、言われた還元率より少ない金額で振り込まれるということはありませんので安心してください。

個人情報漏洩の詐欺はクレジットカード現金であるのか

怪しい業種には申込は受けてるように見せて、個人情報だけ取得して他社に数千円で販売するような悪徳企業もあります。 ポイントとして在宅系ビジネスなどで良く見かける光景です。 これはSOHOで仕事ができると宣伝して個人情報を入力させて、所在不明の金融や出会い系に電話番号を売り付けるものです。 また闇金と呼ばれるところでも貸付するようにみせては、他の知り合いを紹介する詐欺ビジネスもありますが違法だと思います。 個人情報の取得目的でクレジットカード現金の営業をしている会社はないはずです。 何故なら儲かるので、わざわざ単価が安いことをすることが効率が悪く意味がありません。 しかし申込をしたことで、他社からのギャンブルのパチンコや地方競馬や出会いなどの迷惑メールが頻繁に来るようになるということはあり得ます。 同じ会社が扱っている他ジャンルの個人情報として活用されているからです。 これは都道府県の条例違反や違法行為にはなりません。 このように考えると詐欺と呼ばれるものは、このように還元率の表の部分くらいで他はお客様の過剰な心配が徒労に過ぎません。

詐欺を行うクレジットカード現金の業者の特徴

まず詐欺を行う危険なクレジットカード現金の方法の特徴として挙げれるのは、パソコンのホームページを持っていないという事です。 携帯、スマートフォン、PCとデバイスごとに分けて作られているのではなくフューチャーフォンだけしかないような業者の場合は優良店ではなく注意が必要との口コミです。 その理由としてお客様が見やすいような、クレジットカード現金に不信感を抱かないようなHPの提示ができていないという事、そこに他と比較すると製作費としてお金を掛けれない状態である事などがあげれます。 最も大きい理由として違法な犯罪の手口の行為などを行っている店舗なので、いつ問題になって摘発され撤退するのにもリスクがないものという意味もあります。 ブログの体験談の口コミで被害が評判になったり、弁護士による評価が下がったとしてもすぐにショッピング枠から撤退する詐欺のような方法です。 結局のところ、このように失敗して駄目になったら違う新たな名前でまた同じことを行うので、最初から手の込んだサイト作りは行いません。

キャンセルを使ったクレジットカード現金で88%還元は詐欺なのか

著作権フリーの素材をダウンロード販売しているサイトでキャンセルを利用してクレジットカード現金ができる手法という体験談の口コミの情報があるが被害が隠れている詐欺っぽく思われます。 方法としては、画像や音楽を10万円でカード決済して、すぐメール連絡でキャンセルする。 3日後に手数料引いた88%が自分の口座に振り込まれるという仕組みで犯罪に近いです。 確かに理屈としては問題ないが、普通はキャンセルといったら会社に計上されないことになるのに、銀行振込で返金するのが第一におかしい。 また、キャンセルしてクレジットカード現金しても業者から3日も振り込まれないとブログの評判が悪いし違法性が高く不安になってしまわないだろうか。 必死に無料ブログから誘導するのに自作自演で記事書いてるけど、これが本サイトの作りが怪しいし電話番号もなく比較を見ても優良店とは程遠い詐欺のようで誰も申込まないように思われる。

2ch掲示板やYahoo知恵袋のクレジットカード現金の体験談は自作自演の詐欺が多い

ネットで信頼できる情報を比較しながら探す際に、不安なときには第三者の書き込みや体験談の口コミを頼りにしてしまう危険な摘発のようなクレジットカード現金する方法が往々にしてあります。 代表的な意味としてYahoo知恵袋や2ちゃんねるの被害の掲示板があります。 店舗の内容や、お金が欲しく利用してみた優良店の業者の感想を知りたくて手法を比較しようと調べたとしても、書かれている評判が自作自演でホームページ誘導のためのリンクを貼りたくページを生成した弁護士に言わせると詐欺のようなものです。 勿論内容についても違法や詐欺に近く信用性は低いので必ずしも申込をしたら実際は違ったということもあり得ます。 問題の対策としては、口コミの判別方法としてブログ等から「外部リンク」が貼ってあるかどうかが一つの基準にもなります。 手口が自作自演の記事でしたら、ショッピング枠でのホームページへのリンクを貼ることが多いので少し疑ってみても良いでしょう。

クレジットカード現金【様々な疑問にお答えします】

このページの先頭へ