Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
ACTIVITY REPORTS活動レポート
絆大使に任命されました。(山形県最上町)
「山崎拓の時々刻々」2009年5月7日 第144号
ゴールデンウィークは如何お過ごしでしたか。   
私は外遊を見合わせて地元の「博多どんたく港まつり」に参加した後、内遊として連休最終日の5月6日に山崎派の一期生議員数名を引き連れて山形県最上町を訪れました。   
実は同町は人口1万5百人という過疎地域ですが、本年度から他地域との交流人口の拡大のため、町とゆかりのある人らに「絆(きずな)大使」なるものを委嘱し、町のPRや町づくりの助言や提案を受けることにしています。それ故に私も本年四月「絆大使」第一号に任命される光栄に浴したので、その授与式に行くことにしたのです。   
  
最上町は盟友加藤紘一代議士の選挙区であり、先年同氏の依頼で同町交通事情の視察を行い、道路整備予算の確保に助力したほか、同町のさまざまな陳情を処理してきたことで絆大使に任命されたのです。   
国会議員は自分の選挙区のことだけでなく、国全体の発展を図っていく責務があることを、一期生の諸君にも知って貰いたかったので同行してもらいました。   
最上町には俳聖松尾芭蕉が門人曽良と滞在した「封人の家」や日本一の大アカマツや前森高原など観光資源もありますし、バイオマスチップヤードやアスパラ圃場等の第一次産業も盛んです。又「どぶろく特区」も認可されており、我が一行もふだんは呑めない美味しい“どぶろく酒”をご馳走になりました。   
同行議員の旅の総括としては、国土の均衡ある発展のため地方振興の重要性を改めて痛感したということです。   
  
さて、今回は忙中閑の一幕の報告を致しましたが、連休明けの国会は平成21年度補正予算案(総額約14兆円)の審議を急いでいます。その関連法案並びにその他の重要法案が成立すれば、麻生総理も衆議院解散を断行するでしょう。   
  
バイオマスチップヤードを視察する山崎拓他国会議員団
  
アスパラ圃場の現状と課題について熱心に説明を聴く
  
最上町の振興に向けた参加者とのまちづくり懇談会
 
このページの先頭へ