Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
ACTIVITY REPORTS活動レポート
◆与党アフガン復興支援調査団団長としてアフガニスタン訪問
アフガニスタン訪問
去る3月11〜12日、与党アフガン復興支援調査団団長としてアフガニスタンを訪問し、カルザイ大統領、マスード第1副大統領、ハリリ第2副大統領、カヌーニ下院議長等の政府要人や国際治安支援部隊(ISAF)のベルトリーニ参謀長等と会談しました。   
  
訪問の目的は、テロとの闘いの最前線がイラクからアフガニスタンに移り、アフガニスタンの安定化に向けた支援が国際的課題となる中、わが国としても、アフガニスタン政府、国際機関等との意見交換を図ると共に、諸外国の活動状況を実見して、今後のわが国の支援のあり方を検討することでした。   
  
カルザイ大統領との会談では、私は麻生首相の親書を手渡し、本年8月の大統領選挙の成功が平和と自立、民主主義の発展とテロとの闘いにおいて重要であるとして、先般成立した第2次補正予算の3億ドルの対アフガニスタン追加支援策(※)を通して選挙支援を行うことを約束しました。   
これに対してカルザイ大統領は、累次のわが国の支援に謝意を表し、かつ今次大統領選挙が自由、公正且つ平和裏に実施されるために日本の役割が重要であるとして、日本からの選挙監視団の派遣にも期待を表明しました。   
また、カルザイ大統領はテロとの戦いに関して、問題解決のためにはパキスタン及び国際社会との協力と、武力のみならず広範囲にわたる外交努力の必要性に言及するとともに、パキスタン自体が不安定化しており、ザルダリ大統領がパキスタン国内の統治能力を発揮していないことに懸念を表しました。   
カルザイ大統領は、持続的な農業発展のための水力発電や灌漑網の整備、教育、医療、道路等のインフラ整備について、わが国の支援に期待を表明しました。   
また、これに先立って行われたハリリ副大統領との会談では、バーミヤン遺跡の修復についてもわが国の支援に期待が寄せられました。   
カルザイ大統領他全てのアフガン政府要人が、わが国海上自衛隊のインド洋における多国籍軍のOEF(不朽の自由作戦)におけるMIO(海上阻止活動)の給油活動を高く評価しました。   
  
  
我々が通行した道路はメーンストリートではなく、一般の人が通れないような厳重に警戒された道路でしたが、土嚢が数多く積み上げられていたり、分厚いコンクリートで構築したバリケードを幾度も通り抜けました。そのバリケードの両端には武装したアフガン警察や軍、外国軍兵士が何人も立ち、建物の屋上にはスナイパー(狙撃兵)と思われる兵士が銃を構えていました。   
時々メーンストリートも通りましたが、その車中から見る限り、朽ち果てた家屋や、爆弾で黒焦げになった店に少しばかり並んでいる果物等を買い求める市民たちが並んでいる姿が見えました。しかし、日本大使館内に居住している館員たちは街に一歩も出られず、現地人やボディーガードに生活必需品を調達してもらっているという不自由な生活をしていました。このようにアフガニスタンの首都カブールでさえ、日本では想像できないほどの厳しい現実がありました。   
  
国際社会の関与なしにアフガンの自立はあり得ませんし、テロとの闘いを完遂しなければ国際社会の平和と安定はもたらせません。アフガンの大統領選の帰趨がアフガンの自立だけでなく、わが国を含む国際社会の平和と安定に深く関わっています。今回の訪問は、アフガンへの3億ドルの支援を含む第2次補正予算を国会で議決した機会に、その報告を兼ねて、アフガンの自立に対するわが国を含む国際社会の支援の気持ち、またテロとの闘いにおける連帯感をアフガン側に伝えたことに意義があったと思います。   
  
  
(※)わが国のアフガニスタンに対する追加支援   
  (外務省ホームページより抜粋)   
アフガニスタンにおいては、本年、大統領選挙及び県議会選挙が予定される中、不安定な治安情勢が続いており、同国の安定と復興は正念場を迎えている。更に、同国や周辺国では、干ばつのため昨年の収穫量が落ち込んだこと等の理由から、食料不足が深刻化している。このような中、日本政府は、総額約301億円を関連国際機関に対して拠出することを決定した(本件支援の一部は、アフガニスタンに隣接するパキスタンも対象となっている)。今回の支援は、選挙実施支援、治安改善支援、緊急食料支援等を行うとともに、周辺国の国境地帯等の安定を図るための支援を行うもの。(支援内容は下記参考を参照)   
  
(参考)アフガニスタン人道復興支援のための補正予算(301億円)の支援内容   
(1)選挙実施のための資金協力(約50億円)   
(2)テロ対策・治安改善支援(約154億円)   
(3)食料価格高騰に伴う貧困対応支援(約97億円)   
  
カルザイ大統領との会談風景
  
会談終了後、カルザイ大統領と握手
  
ベルトリーニISAF参謀長等と今回の訪問団メンバー
  
 
このページの先頭へ