Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
ACTIVITY REPORTS活動レポート
誕生日に「山崎拓政経フォーラム2007」開催
東京にて
去る12月11日、都内で山崎拓の71回目の誕生日に合わせ、「山崎拓政経フォーラム2007」が開催され、第一部では山崎自身が「これからどうなる!激動する日本政治」と題して講演を行いました。   
講演の中で山崎は、現在参議院において審議されている新テロ特措法について、「国際社会がテロリズムに対して敢然として闘っている時に、貿易立国として国際的な繋がりを欠かせないわが国がテロとの闘いに参加しなければ、それは国連決議にも反し、国益にも反する」と述べ、今国会での成立の必要性を訴えました。   
  
また、北朝鮮問題に触れ、朝鮮半島の非核化は日本の安全保障上必要不可欠であることを強調し、他の4カ国(米・中・韓・露)に比べ出遅れた感のある6カ国協議の場で日本が今後他国と足並みを揃え、積極的に役割を果たす必要があると述べました。   
これに関連し、福田首相の意を受けて、朝鮮半島問題の解決を図るべく、自らが会長を務める自民党外交調査会に「朝鮮半島問題小委員会」が設置されることを明らかにし、山崎自身も「要請があれば自ら乗り込んでいく覚悟で取り組んでいく」と述べ、同問題の解決に強い意欲を示しました。   
  
第二部の懇親会では、自身が会長を務める政策集団「近未来政治研究会」所属の国会議員が多数駆けつけた他、新たに石原伸晃代議士が入会することが発表されると会場からどよめきと歓声が沸きあがりました。   
  
またこのフォーラム開催にあたり、公務ご多忙の折福田康夫首相、小泉純一郎元首相、加藤紘一代議士より、山崎の誕生日を祝した次のようなメッセージを頂き、懇親会にて紹介させて頂きました。   
  
「山崎先生、お誕生日おめでとうございます。   
 先生とは同年生まれで、早稲田大学の学生時代から長いお付き合いをさせて頂いております。   
 学生時代、先生は柔道部で頑張っておられました。内に闘志を秘めつつ、立ち居振る舞いは至って沈着。今も、先生はその当時のまま変わりません。   
 長じて益々、旺(さかん)。   
 ご活躍を期待しております。   
                    同年兵 福田康夫」   
  
「拓さん 誕生会おめでとう。   
 今さら年をとっても おめでたいとは思わないけれど、タフな拓さんだから益々元気を出して活躍してくれるでしょう。   
 最近私もゆとりができて「酔って枕す美人の膝」と行きたいが、拓さんと一杯やってがまんするしかないな。   
 近いうちに政局談義を「さかな」に拓さんと一杯やるのを楽しみにしています。   
 益々の御活躍を期待してます。   
                    小泉純一郎」   
  
「山崎拓先生、お誕生日おめでとうございます。   
 政界は今後、半年から一年の間、シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)の時代に突入するでしょう。山崎さんのダイナミックな政治活動が大いに期待されるときが来たのです。   
 本日ご参集の皆さんはよくご存知のように、我が同志、山崎さんは、年齢を感じさせない心の若さを保っています。そして、無限の明るさ。奇しくも今日は、35年前我々が初当選した記念日です。山崎さん、あの時と同じ若々しさで、新しい政治の時代を切り開いていきましょう。   
                    衆議院議員 加藤紘一」   
  
  
朝鮮半島の非核化の必要性を訴える山崎拓
  
懇親会にて謝辞を述べる
  
 
このページの先頭へ