Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
ACTIVITY REPORTS活動レポート
北朝鮮問題について、米国ヘリテージ財団で講演しました。
「山崎拓の時々刻々」2006年7月26日第114号
7月25日米国・ワシントンを訪問し、有力シンクタンクであるヘリテージ財団で講演を行いました。講演には、日本問題の研究者や、アジアを含む外国人プレスなど100名近くに出席いただきました。   
  
私から、北朝鮮のミサイル発射問題について事実関係を説明し、わが国の取るべき道について、憲法の面、日米安保条約の観点、自衛隊の現状などについて私見を述べました。   
  
私の結論としては、道は2つしかく、1つは飽く迄も北朝鮮の求める米国との直接対話を拒否し、経済制裁から軍事制裁へと進んでいくのか、 もしくは中国の対朝影響力を過大評価せずに、ミサイル発射は北朝鮮の向米ラブコールだと寛大に受け止め、この際硬軟両用の弾力的な対朝姿勢に転換するのか、二者択一であり、当面、辛抱強く後者でいくべきことを提案してスピーチの結びとしました。   
  
出席者からは、今回の北朝鮮のミサイルによって生じた危機を利用して日本が再び軍事大国になるのではないかなどの質問が出されましたが、それについては、   
防衛費の減少、敵基地攻撃能力を現時点では持っていない事、憲法上も困難な事等を説明し、誤解を解くように努めました。   
  
講演の全文を是非お読みください。 こちら  です。   
ヘリテージ財団での講演風景
  
北朝鮮問題で硬軟両様の弾力的対応を主張する山崎拓
  
訪米中会談したアーミテージ前国務副長官と握手
  
次期大統領候補と目されるマケイン上院議員とも会談
  
  
 
このページの先頭へ