Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
ACTIVITY REPORTS活動レポート
日中間に危機管理システム構築を
「山崎拓の時々刻々」2006年4月30日 第111号
 4月25・26日の両日、中谷元・元防衛庁長官他3人の代議士共々中国を訪問しました。呉邦国全人代常務委員長をはじめ中国要人数名と会談し、主として両国間の安全保障問題で意見の交換を行いました。   
 呉邦国氏とは初めてお会いしましたが、政治局常務委員でもあり、胡錦涛国家主席に次ぐ序列第二位という高官です。さすがに堂々としてかつ余裕もあり、聡明な指導者という印象でした。   
 今回の訪中のテーマは、日中間の危機管理システムを構築することでした。東シナ海の資源開発区域の現状を見ると、最新型の中国海軍艦船が出没し、かつ日本船舶禁止区域を設けるなど、武力衝突は一触即発の感すらあります。   
 日中首脳会談というホットラインが不通となっている実状の中で、日米間と同じような、いわゆる2プラス2(外交・防衛トップ協議および実務者レベル協議)のスキームを作ることを提案しました。   
 緊密な政治対話が行われるためのパイプが太くつながっていることが、両国の平和共存と相互利益のために必要です。中国側が我々の提案を真剣に検討することを求めます。
 
このページの先頭へ