Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
ACTIVITY REPORTS活動レポート
「博多どんたく港祭り」に参加しました
福岡にて
 
 5月3日、4日の両日、全国的に有名な「博多どんたく港まつり」に今年も全国各地から大勢の観光客が訪れ、盛大に開催されました。  
 どんたくの語源はオランダ語のゾンターク(休日)。いまでも全国的によく使われる半ドンも半分ドンタクという意味ですが、博多ではカラリと陽気な祭りの名になりました。「山笠があるけん博多たい!!」というキャッチフレーズがあるように、博多の人間は祭り好き!福岡市内各地区に舞台や広場が作られ、老若男女が思い思いの仮装で練り歩いたり、踊りを披露し、町中がどんたく一色で沸き返りました。  
   
 山崎も法被を着込んで中央区・城南区・南区の舞台に参加したり、福岡県重要文化財指定の博多松囃子[三福神(福神・恵比寿神・大黒天)稚児(弁財天)]の表敬を受け、どんたくに参加しました。  
 夜は新天町商店街のどんたく隊の方たちと一緒に夕食を囲んで、祭り談議に花が咲きました!その中で「お囃子に使う楽器(三味線等)はいつ練習するのか?」と尋ねると、「小さい時から練習します。それが高じて学校の演奏会で弾いたり、プロの演奏者になる方もおるんですよ!」と笑顔で答えてくださいました。それを聞いて、どんたくが人々に愛される理由がここにもあるんだろうなと思いました。  
 
 歴史ある博多の祭り「どんたく」。これからも人々に愛され、いつまでもその伝統が守られて行くことを願っています!そして、博多っ子の一人として守っていきたいと思っています!!  
新宮県議と一緒に三福神の表敬を受けました
 
麻生県知事と一緒に―県知事公舎にお邪魔しました
 
舞台での挨拶
 
このページの先頭へ