Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
ACTIVITY REPORTS活動レポート
福岡の皆さんに国政報告会を実施しています。
8月28日(日)は城南区の七隈会館で70名の方に。
後援会の活動として、平素より国政報告会を続けております。福岡2区には全部で約50の校区があり、全ての校区で開催したい所存です。各地の地元の声は私の政策の血となり肉となっています。   
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
  
今日は、日曜日午後7時から、城南七隈会館一杯になる70名の方にお集まりい   
ただき、町内の方、市議・県議の方などと一緒に国政について、地元の皆さんと直接お話することができました。   
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
  
まず、町内の世話役の方から挨拶があり、地元のお話などをいただきました。小学校の元校長先生は、山崎拓と小学校3年生の時の同級生で、当時誰とでも仲良くしていた話とか一緒にかけっこをした思い出話などをいただきました。   
引き続き、県議や市議の方に弁士を御願いするのが通例です。山崎拓を支援いただいている議員さんは皆真面目で政策通です。今日も、「本四架橋が3つも有ることは無駄。政治家が責任を取るべきだ」との「小さな政府論」から、「地元城南区の65歳以上高齢者は39%」との「少子化問題、年金問題」まで話が及び、最後は「やっぱり拓さんくさ」と博多弁で応援の言葉を頂戴しました。   
最後に、山崎拓から30分ほど国政報告をさせていただきました。郵政民営化の意義の中身を中心にお話しました。このような規模の集まりでは裏話などもできるのが楽しみです。郵政民営化の委員会の筆頭理事として190時間の討議をしましたが、有権者の方から眠っているとのお叱りをうけた話。(理事席は発言者の唾が飛んでくるのでつい目をつぶってしまいますが、実は、討論はしっかり聞いていて、今では郵政博士号を自認できるほど詳しくなっています。)   
小泉首相との裏話も披露しました。たまたま今朝10時にも直接電話で、選挙情勢や首相任期問題についても語った事、3月の福岡西方沖地震の後に玄界島の皆さんを首相官邸にお連れしたところ「ところで玄界島の郵便局はどげんなるとですか?」との質問が飛び出し小泉首相に通じず代わりに「心配しなすな」と答えた話、33年前からジュンちゃん(当時の呼び名)は財政の視点から郵政民営化論者だった事、などなど、お話しました。   
最後に、「頑張ろう三唱」して、お開きとなりました。
 
このページの先頭へ