Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集
お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ
TAKU ON MEDIA「拓」関連記事
《独占手記》 山崎拓 すべてを語る 全8頁
「新潮45 2004年1月号」より抜粋
「落選という言葉は今までの31年間、山崎拓の辞書にはなかった」・・・・・重い結果を受け留めた現在の心境を率直に語る。  
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
投票日夕方。落選の衝撃。心の平衡。マラソンレースの途中での「骨折?」
 
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
初心での選挙戦。毎回9万票だった重み。「落選」という運命の夜。思えば1967年の県会議員トップ当選後も挫折ばかり。打たれ強いのか不思議と余裕の気持ちも。
 
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
相手候補がイケメンだから?個人演説会での政策。「反自民」なのか?・・・「政権交代」という呪文、反自民と小選挙区制の矛盾。
 
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
「可能性を信じる」という人生。家内も理解する私のモットー。「裸一貫叩き上げ政治家」2世議員の多さ。・・・政治家・山崎拓が得たものとは?
 
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
外交安保の専門家として。9・11以降のアメリカ・イラクに思う事。今日本がすべきことは?テロに屈しない姿勢。
 
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
日本の外交政策・北朝鮮。山崎拓の「道」。落選後一晩明けたら前に向かって考えた。山崎派会長・自民党憲法調査会の特別顧問に就任。今が一番働き盛り!
 
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
自分にとっての人生、国家社会への貢献を考え、ラスト・チャンスを悔いないよう大切にします。
 
 
(画像をクリックすると拡大表示されます)
山崎拓 すべてを語る
 
 
このページの先頭へ