金券ショップの方が還元率はクレジットカード現金より高い

新幹線やプリペイドカードや商品券といったものをクレジットカードで購入して、近くの店舗の金券ショップに行って換金する方法は昔から存在します。 還元率もクレジットカード現金だと80%が相場ですが、この方法なら90%はいけるとは思います。 ただし1点大きなリスクがあるのが、契約している会社に何を購入したかが分かってしまうので、頻繁に利用するとショッピング枠が使用停止になってしまうのが異なる点です 基本的にはカード会社は、金券ショップによる換金はNGですので、見つかってしまうと瞬時に利用停止になってしまいます。 クレジットカード現金を利用した場合は、明細が金属類アクセサリーなどの商品名になるので、そういった面でも不正が見つかる可能性はありません。

地方になると需要が無いので金券ショップが近くに存在しない

東京などの首都圏には駅前の繁華街には必ず小型のショーウィンドウが並ぶ金券ショップがありますが、地方になると電話帳でも見つけるのも難しく、車で行くのにガソリン代が掛かり差し引きしなくてはいけなくなります。 流通も頻繁ではないので、都市部に比べて買い取り率も金額として低いことが多いです。 その点ではクレジットカード現金は、手間をかけて来店の必要もなく地方でも関東の都市部でもインターネットで素早く完結しますので、回線に接続されているパソコンか携帯をお持ちであれば利用が簡単にできます。 現段階では1回だけの利用の場合で、お住まいの最寄の駅の近くに金券ショップが存在するようでしたら考え方によっては多少はお得かもしれません。

金券ショップの商品による買い取り相場


買い取り率が高いものでいうと、全国百貨店共通券で97%になります。 デパートの有名店の丸井などの一部受け入れできない金券もありますが、相当な高額になります。 新幹線については、私鉄の回数券の区間や枚数でも異なりますが、90%台とクレジットカード現金より高い値段で条件が合えば買取をしてもらえます。 普通に想像しているよりも意外と戻ってくるのが低いのが切手になりますので、これは予め金券の相場を小まめに確認し随時チェックするなどご注意ください。

新幹線や航空券のチケットは明細に表示されてしまう


クレジットカード現金は他社に手数料を払うので安全性と言う面でも自分で動いて何とかしたいという方が想像以上に割合が高いと思われます。 注意する点は、カード会社に何を購入したかの内容が明細一覧として知られてしまうことです。 今まで利用してなかった航空券が頻繁に買われてたり、新幹線代で決済されていたりすると怪しまれることになります。 実際に利用停止になる危険なケースもあるので、駅前にある大黒屋などの金券ショップばかり通っている人は注意してください。 その点、クレジットカード現金ではカバンや財布などのブランド品を多数アイテムを揃えているので基本的には自分から申告したり高額でない限りばれることはありません。

金券ショップとクレジットカード現金化を賢く使い分ける

実際にパソコンやスマートフォンからインターネットで簡単に申込みができるので、困った時にすぐに対応しやすいのはクレジットカード現金と言えます。 しかしそのデメリットとして比較するとキャッシュバック率が高いと全体的に言えることです。 ただし金券ショップではある程度の下調べを行わなくては、どうしても実際に手に入れることができる額は不確定です。 特に店舗が存在する地域によっては新幹線などの乗車券なども買取額は低く設定されてしまう事もあります。 お正月やお盆休み、GWなどの長期連休前の帰省シーズンは値段の変動が起こる可能性もあるのです。 もちろんお客様の住んでいる地域に金券ショップが存在するというのが前提ですから、ここではいくら昔からのやり方としてある質屋が良くても店舗がなければ選択肢はありません。 移動のための交通費や手間などを考えてそのタイミングでどちらが良いかを賢くチョイスするのが最良策と言えます。 一般的にこのようなシチュエーション(現金をすぐに用意しなくてはいけない状況)に置かれているお客様の心理を考えると、クレジットカード現金の方が素早く確実に準備できると言えます。 緊急事態の対処がしやすい方か、少しでも還元率が高い駅前の大黒屋などの金券ショップを取るかは、言い換えれば時間とお金を比較するようなことで賢く使い分けるのはその時の状況判断によります。 いずれにしても焦らず落ち着いて、特に冷静に行動をする事で怪しい業者に騙されたりするリスクからも少なからず回避できる可能性を高めることができます。

過去に自分でしてクレジットが止まった危険性の事例

自分でクレジットカード現金をしてではないですが、第三者に楽天カードのログインIDとパスワードがばれて、不正に楽天モールのヨドバシ店で40万円もの家電が購入されました。 瞬時に電話連絡が入り、家電を決済したかどうかを尋ねられて、見覚えがない旨を伝えることで裏技での不正分の負担をしないで大丈夫になりました。 この仕組みは、クレジットカード所有者が自分で購入したものではないだろうと機械的に判断された場合に担当者が電話確認を取るルールになっているようです。 他人か否かを見極めるポイントは、過去の履歴や現住所などから割り出されるようで、一定基準を満たせば怪しいということでフラグが立ちアラートが鳴る仕組みなのでしょう。 果たして、この危険性を潜り抜けてクレジットカード現金を業者を使わないでオークション等で個人で自分で遂行できるのでしょうか。

換金率の高いものが理想だが自分でやるとばれやすい

優良業者だと目安は85%くらいになるので、これ以上でないとリスクを冒すメリットがありませんので、換金率が90%以上の商品を独自で探すことから始めます。 ただ換金率が高いだけなら、新幹線や航空チケットでも条件を満たしてますが、クレジットカード会社が最も目を付けているものなので即時停止の恐れがあります。 店舗型のクレジットカード現金が使う王道の手口がお客が自分で駅の窓口に行かせて回数券を買うように指示する詐欺です。 これだと、高い確率でアウトになり、下手をするとCICでブラックになり7年間カードを持てない暮らしになってしまいます。 裏技でばれにくいのが、最近流行のネット上のAmazonギフト券で多数の業者が90%以上の買取と宣伝してますが、知恵袋を見えれば体験談が見れますが結局は85%で交渉されます。 またカード枠をオークションのキャンセルを利用させることもあるようですが、信用できない相手だと酷い目に遭います。 業者を使わないで独りで自力でとなるとクレジットカード現金で少額なら可能ですが、自分で頻繁に高額だとどうやってもばれてしまうと思います。

クレジットカード現金【様々な疑問にお答えします】

このページの先頭へ