Fight!TAKU -YAMASAKI TAKU OFFICIAL WEBSITE トップページへご意見・ご感想リンク集

お知らせプロフィール政策と出版物活動レポート山崎拓の主張「拓」関連記事憲法改正ビデオメッセージ

ANNOUNCEお知らせ
年金保険料納付につきご報告します
ほっと胸をなでおろす社会保険庁の調査結果
 私自身の納付記録につき社会保険庁で調査いたしましたので、ご報告致します。  
 
強制加入が義務付けられた昭和61年4月1日以降は、60歳になった平成8年12月10日まで連続して完納いたしておりました。  
私自身、昭和53年厚生政務次官、昭和60年社会労働常任委員長の任にあった立場で、家族・友人に至るまで年金加入を、推進していた立場でもあったので、胸をなでおろした次第です。  
 
しかしながら、(株)ブリヂストンを退社して会社を設立するまでの間と、福岡県議会議員を辞職して衆議院議員になるまでの期間は、昭和47年12月11日の衆議院議員初当選以前に28ヶ月の未納期間があることが判明いたしました。  
この間は、任意加入という制度であった点、選挙落選中の無職であった点、の諸事情ありますが、意識の低さという謗りは免れないと反省いたしております。  
 
 国民の年金制度をめぐる将来不安の高まりの中で、国会議員の保険料未納問題が政治不信を助長したことは、誠に残念なことであります。  
昨日11日、年金法案が衆議院を通過しましたが、これから3年以内に、年金制度の統合問題を含めて抜本改革をやるという自・公・民三党の合意は必ず実行に移し、国民の皆様に分かり易い年金制度を作り上げなければならないと思います。
 
このページの先頭へ