クレジットカード現金についての基本的な疑問

疑問点 説明内容
詐欺
業者にどんな詐欺があるか?
全く振り込まれない詐欺はありませんが、換金率をぼったくるような騙しはあるので予備知識が必要です。
逮捕
利用者・業者が逮捕される?
違法行為として警察に業者が逮捕された事件はありますが、利用者が摘発されたことはありません。
土日
土日でも振り込んでもらえる?
クレジットカード現金は、ネット銀行や郵便局なら土日でも振込対応になっています。
消費者庁
消費者庁で被害の実例紹介
消費者庁では実際にトラブルに遭われた方の体験談を載せております。
金券ショップ
金券ショップで自分でしたら?
自分で金券ショップでクレジットカード現金をすれば手数料が掛からないのだが。

闇金融とクレジットカード現金の相違は手数料が1度か永久か

闇金は利息が明らかでないので、毎月多額の返済をしなければなりません。 所謂「といち」と呼ばれる暴力団のような横暴で危険な所ですと、「10日に1割」なので、年利365%なので利息制限法の20%の18倍以上の金利になります。 これを延々と終わるまで月々支払っていかなければなりません。 クレジットカード現金を比較すると、手数料を支払うのは最初の1度限りだけでそれも利率は僅か20%で済みます。 申込時にきちんと還元率が提示されますので、割に遭わないと思ったら直前に納得いかない際は当然ですが断ることができますので安心です。

参考:クレジットカード現金は限りなくグレーゾーンではあるが違法ではない|wikipedia

比較して安心できるクレジットカード現金の選び方

近年は多くの業者が儲かることで増えてきてますが、クレジットカード現金に変える会社を口コミから比較するには注意が必要です。 まずは、安心できる会社を探すには「特定商取引法」のページの住所を確認するようにしましょう。 貸金業法で詳細を表示できないところや闇金のショップもあるので住所を比較することが、現金を引き出すのをクレジットカードで調達するには必須です。 最後まで住所が表示してないと「何らかの意図」がホームページにあると怪しく疑って考えてください。 法人としての脱税目的や警察のトラブルがあった時に逃げれるように連絡先の全てを分からないようにしているのです。

参考:カード現金化業者を脱税容疑で逮捕|日本経済新聞

クレジットカード現金を利用者の悪い口コミ

口コミの中で悪いクレジットカード現金の意見をまとめてみました。
誤って悪徳業者を選択してしまった方もいます。 近年、長く続く不景気から脱出する事はできずに日本の経済は低迷している状態です。 それに伴って人件費の削減やボーナスのカットなどで賃金を削減する事による家計への打撃は計り知れません。 今後はさらに消費税の増税なども含めて、今までやり繰りができていた方もさらに厳しくなってしまう事が予想されています。 そんな中、銀行や消費者金融の審査に通ることができずに(総量規制の問題や審査に通らない)クレジットカード現金を利用する方も急増しています。 審査内容が本人確認だけですので、アルバイトやパートはもちろん現在無職の方でもショッピング枠に残高があればこのサービスで即日にお金を手にすることができます。 金融業者にはどのジャンルでも裏の部分が付きまとうものですが、このシステムにも悪徳な手口で騙す会社も存在しますので注意しなくてはいけません。 インターネットで隈なく検索してみると、ほとんどの場合業者が作った自作自演の褒めるような良い意見しか出てこないことが多いです。


  • 口コミで評判の業者で20万円の申し込みで還元率は90%とホームページには記載されていたが、最終的には嘘で50%程度でした。
  • 電話の対応が高慢で上から目線だったのが気になったのですが、どうしてもお金が必要だったので悔しいけど我慢しました。
  • クレジットカード現金を利用したかったのですが、仲介料を要求され最終的に怪しい闇金を複数紹介された。
  • 30万円のキャッシュバックを利用したのですが、日付を別けて入金する分割のシステムと言われ、10万円しか振り込まれず、その後はいくら電話しても連絡がつかない。
  • 申し込みをしたものの一週間何も連絡が来ない、もしかしたら個人情報を収集しているだけなのかもしれません。
  • サービスの説明がうやむやでわかりずらく、経験者の口コミでは星五つの高評価でしたが相手も億劫で面倒くさそうな重々しいプレッシャーと空気を出していたので途中で電話を切りました。

良い口コミを持つクレジットカード現金の優良店の判断の仕方

満足度の高い業者はサービスもしっかりしています
クレジットカード現金でリターンの悪い業者を選択しないようにするためには、電話対応やシステムの説明などのサービスが丁寧であることをまず確認しましょう。 現在多くの会社がスポットのキャンペーンや特典などで競い合っています。 当然、顧客やリピーターの数が多い所はそのような点までしっかりと教育が行き届いていますので、スタッフにはしっかりとした接客術が備わっています。 また、公式ホームページの作りもチェックポイントの一つとして考えましょう。 しっかりと所在地が記載されているか(悪い口コミがある業者はほとんどの場合住所が途中までで終わってしまっています)を随時確認しましょう。 まずは考えられる注意点として他にもキャッシュバック、手元に戻る還元率がしっかりと表記されているか、商品を選んで購入できるシステムになっているかなどが大切なポイントとなっています。 これらが世間一般的な共通点としては、このような良い内容の口コミがあるクレジットカード現金には徹底されて備わっている傾向にあります。

  • わからない事や素朴な疑問を質問すると体験者の口コミでも気持ちが良い対応というだけあって丁寧に答えてくれました。
  • 期間限定キャンペーンなどで得をするプランがあったのでそちらを使った方が良いと紹介してくれました
  • 80%の還元率であることが最初から分かっていたので、返済プランをしっかりと考えることができました。
  • すごくスピーディーで便利なサービスなので毎月給料日前には恥ずかしながら困った時にお世話になっています。
  • クレジットカード現金のサービスは優良業者のシステムを理解したうえで利用する分には金額的に不満は出ない気がする。
  • たまに購入する品物の質などで悪い口コミ(安いペンダントやアクセサリーだった等)を見るが、お金を手にする事が本来の目的なのであまり体験談は気にならない。

クレジットカード現金で還元率による搾取される手数料が高い理由

還元率の表記で80%と書いてあり、50万円を申し込むと40万円の入金になる単純計算になります。 この差額の10万円も業者が儲けているのか、と思われますが事情は違ってきます。
若干の相違はありますが、10%弱の金額はクレジットカードの決済で代行会社に支払う必要がある為です。 そうすると実際にクレジットカード現金の業者のここでの利益は10%強ほどで、儲けの利益率としては大きくはありません。 この決済代行に掛る費用というのは、一般的には扱う商品によって異なってきて、安いものですと3%程度ですが、このような業種には大きく負担が掛ってきてしまいます。 逆に「還元率が95%を超える」「全員がプレゼントがもらえる」という口コミはありえない話になってきます。

クレジットカード現金を利用するお客様はどんな人か

カードを売ったり、業者に渡したりすることはありません。
クレジットカード現金は国内で利用できるカードをお持ちで、ご本人様の確認が取れればだれでも利用できる仕組みです。 もちろん、ショッピング枠に使える残高が残っていることは条件になりますが、来店する必要も、審査もありません。 銀行や消費者金融などの審査で、職業や年収などを理由に断られてしまった方も、現在無職の方でも安心して利用できます。 また、ショッピング枠を使ってキャッシュバックする流れの仕組みなので、総量規制の対象にはなりませんので既に、年収の3分の1を借りてしまっている方も大丈夫です。


クレジットカード現金はリピーターのお客様が多い仕組みです。
「消費者金融はなんかテレビとかのイメージ的でちょっと怖かったので遠慮した」
10代(女性)職業:専門学生
「給料日前なのにキャッシングは上限まで全て使い切ってしまったが、ピンチだったのですが助かりました」
30代(男性)職業:会社員
「細かく色々なところにある借金を一本にまとめたかったので、比較して金利の低いサービスがよかった」
30代女性)職業:短期アルバイト
「子供の習い事の英会話塾のお金が大変で、でも家族には心配を掛けたくないので誰にも知られないクレジットカード現金はすごく便利でした」
30代(女性)職業:専業主婦
「消費者金融の審査がどこに出しても通らなかったので、途方に暮れててたところ仲の良い知人に内緒で教えてもらいました」
40代(女性):無職
「震災後、会社の経営が難しくなりお金のやりくりが過去に上手にできなくなってしまっていたところ、会社のカードで還元率の高くクレジットカード現金できたので」
50代(男性)職業:会社経営

クレジットカード現金と他業種の仕組みの比較

他人にばれるという可能性はほとんどないわかりやすい仕組みです
駅前にある消費者金融や銀行の中にある無人窓口などを利用したくてもご近所の目が気になってしまう社交性の高い主婦のお客様などは多いようです。 これは特に消費者記入などではご近所で嫌な噂をたてられたりしてしまうと思うと、なかなか怖くて利用できない疑心暗鬼な初心者の方もいるようです。 クレジットカード現金の見えない仕組みでは、その点では申し込みは専用メールや通話無料の電話ですぐに済みますし、通常のネットショッピングと変わりませんので誰かにばれてしまう可能性は極めて低いと言えます。 また支払いはカード会社に行っていく仕組みになっていますので、それによって電話などが現金化業者にかかってくる事はありません。 ここではいつも通りカード会社に支払いをしていけば、このような金利面でもその他の業種に比べてお得と言えます。 現在のショッピング枠の残高の分しか現金化することはできないので、限度額もあまり大きくないので歯止めがきくと言う意味でもこのシステムの仕組みは安心度が高いと言ってもいいでしょう。 このように気を付けなくてはいけないポイントになるのは、所謂サラ金など違法の金融業者で借りることは非常にリスクや危険度が高く返済することが不可能な仕組みになっている事もありますので注意しましょう。
利便性の高いシステムに比例して女性のお客様の割合が多い事も特徴です。

キャッシュバック方式でなく買取方式に仕組みを転換

2011年8月にクレジットカード現金の東京の業者が、出資法違反で警視庁に逮捕されたことを受けて、多くの会社が仕組みを既存のキャッシュバック方式をやめるようになりました。 商品を購入した何パーセントかをネットで申込んだお客様にお返しするキャッシュバックの仕組みでした。 しかし、これが出資法違反に問われることで内容の転換を強いられた訳です。 どうして出資法違反かというと、キャッシュバックの利率が年利の108%を超えるからという一方的な無理な論理です。 それを受けて今では質屋のような仕組みで「買取方式」に内容を移行しているところも増えています。

クレジットカード現金ののショッピング枠とは何か?

キャッシング枠とショッピング枠があります
恐らくカードで商品を購入し支払いをした事がある人なら誰もが使った事があるのがこのショッピング枠です。 別の名称では「お買い物枠」などとも呼ばれる場合もあります。 お客様の契約内容や会社のプランによって限度額は変わりますが、ショッピング枠は通常は10万円、20万円、50万円位である事が一般的なようです。 どれくらいショッピング枠使用しているかによって融資の可能な限度額は上がったり下がったりする事があります。 料金の延滞や滞納をしてしまうと限度額が一気に減らされたり、利用停止となり使用不可になってしまうケースも稀にあります。 もう一つのキャッシングはATMなどでお金の融資を受ける事ができる枠です。 これも個々により限度額は一定に契約時点でなっています。 これを賢く使うのがクレジットカード現金のシステムです。 通常ショッピング枠の方がキャッシング枠より金利が若干低い設定になります。 もちろん、これも延滞や滞納、契約違反などで減額されたり停止になってしまうのでチェックをするようにして気を付けましょう。

ショッピング枠でクレジットカード現金をすると返済はどうなるか

返済は使った分だけ支払いをします

初めてクレジットカード現金を利用する方に多くある質問で「支払いは申込した業者に行うのですか?」という内容が沢山寄せられます。 その答えは現段階では「NOです」。 ショッピング枠を利用するシステムは、ブランド商品を自分で選びチョイスし購入して頂きその還元率分を換えると言う流れになっています。 いつもお買い物をする時と同様に支払いはカード会社に支払いをして頂くようにどこの業者でもなります。 ですから、お客様はクレジットカード現金の業者にお金を振り込んだりする必要や義務などは一切ありませんし後日求められる事もないのです。 もちろん、業者から支払いの請求が来る事もありませんので安心してください。 何度も失敗のないようにデパートや、スーパー、インターネット通販サイトで注文やショッピングした時と同じように支払いは使った翌月の請求で来るように細かく設定されています。 結果的に使用した分(お買い物をした分)はいつも通りに延滞や滞納などを間違ってもしないように口座に残高を用意して、こうした期限を確実に守って支払いをしましょう。

リボ払いでもクレジットカード現金は活用できます

リボ払いの契約をしていたり専用カードを保持している場合は活用できます

聞きなれないリボ払いとは利用した額(支払い額)に応じて月々で予め自分で設定した額で引き落としにより支払っていく方法です。 毎月の入金額を一定に保つ事が可能ですので、お買い物がキャパをオーバーしてしまった時でも一気に負担が掛かる事がないという良いポイントがあります。 逆に、なかなか支払いが完了できなかったり、以前に何を買った分のお金の支払いをしているかがわからなくなってしまう等の不安要素もあります。 この方法をクレジットカード現金で活用するのはやはり数十万円単位で利用したい時です。 毎月の支払わなくてはいけないお金は一定なので、負担が一気に増えるシステムではないのがメリットと言えます。 損得で考えるとデメリットはやはり年利が約14%も掛ってしまう点です。 中にはリボ払いにする事によってポイントが二倍以上になったりするプランもあります。 ですからここでは自分がどのような売買契約をしているか再度見直して確認をしましょう。 また、その時に自分のカードのショッピング、キャッシングの枠の残高がどれくらいリアルタイムで残っているかをしっかりと再度見直しをしておくといいかもしれません。 この時だけでなく使うすべての時に内容が判っておいた方が便利です。

クレジットカード現金でショッピング枠を利用してばれないか?

クレジットカード現金を利用している事がカード会社に一発でばれるのではないかという心配の声があるようです。 これは自分からカード会社に「これこれこのような方法でこの様な用途で使用しました」と報告しない限りわかりません。 なぜならこのショッピング枠のシステムは「ネット通販などで商品を購入する(お買い物をする)」のと結局は同じと言えるからです。 お客様がクレジットカード現金で、換えるために業者から商品を購入しましたと相手に正直に言わない限りばれる事はないと言っていいでしょう。 万が一、ここで自ら言ってしまった場合はカードの利用を瞬時に強制停止させられてしまったり、契約解除になってしまう可能性もありますので気を使いましょう。 ちなみにショッピング枠で購入した商品はしっかり家や希望した送り先に届きますので、お客様には受け取って頂かなくてはいけません。 その後はお客様がどのように使用しても問題は特にありませんが、原則として必ず自宅で受け取って頂かなくてはいけません。

消費者庁の撲滅運動とクレジットカード現金は不適切

法的には違法と決めつけれないので消費者庁では利用しないようにと撲滅運動をしております。 読みやすい漫画として分かりやすくクレジットカード現金の引き出しを利用した際に起こる被害事例を紹介してますが、良く読むとおかしな内容になってます。 50万円のショッピング枠を利用して40万円振り込まれると初めから伝えて了承した上で申し込んだのに、借金が結果的に膨らんだので騙されたという内容です。 しかし借金が大きくなることは最初から理解した上で覚悟を決め申込みをして、まずは返済を猶予できる日数を稼ぐことを選んだわけですから業者の方はきちんと説明はしています。 不明な点は予め聞くことができますしクレジットカード現金で故意に嘘をつくことはありません。 こうして全てを理解した上でのご利用なので、撲滅運動のような短編漫画は矛盾点が多いです。

クレジットカード現金なら最短10分で即日入金も対応できます。

1.お客様はどこの会社のどのプランを利用するか決めて頂きます。
また、お申し込みをする前に、ご利用するカードの有効期限や、ショッピング枠の残高がどれだけあるか正確な数字を調べてください。 カード会社から毎月送られてくる明細やホームページなどで調べることができます。
2.審査は本人様確認があるだけですので比較してスピーディーです。
お客様がご利用になられる会社やプランが決まったら、各社トップページのお申し込みフォームに必要事項を記入してメールを送信するかお電話でも受け付けております。 その際に、クレジットカード現金の使用者が持ち主であるかの身分証明のチェックがあります。 それ以外は、特に借入れ審査のようなものは現段階では探してもどこもありません。

3.カード決済を済ませます。
クレジットカード現金のお申し込みが完了したら、各社指定のオリジナル商品をお買い求めいただきます。 希望額の商品を購入して、その分の還元率をお客様に現金でキャッシュバックする流れのシステムになります。 商品はちょっとした小物サイズのブランドで、ご自宅に届いたら開封して返送して頂く必要はありません。
4.お客様の指定する口座に振り込みます。
お買い物をしてWEB決済が済んだら(ここまで混雑時でも10分程度です)、購入して頂いた商品のキャッシュバック分をご指定頂いた口座に現金にて振込をします。
5.購入したブランド商品が即日でご自宅に届きます。
選択するプランによって異なりますが、即日ですと各社ともこの時点では既に振り込みは終わっていますので安心です。 嬉しい還元率が高めの設定のゆったりプランでは、こうしたオリジナル商品がご自宅に届いたのがチェックし確認されてから振り込みをする日数が掛かる特殊なプランもあります。 クレジットカード現金は、商品を購入して頂いた分をプランの還元率に合わせてキャッシュバックするので、法律上は商品を必ず自宅で受け取って頂く必要があります。 お届け時間やお届け先などは、指定したり配送業者の営業所の倉庫に一時的に保管し手が空くときまで期限を設けて停めておくことも可能です。 とりあえずは確実にとりあえずはルールとしてしっかりと受け取ってください。

お客様がクレジットカード現金に期待するのは即日振込のスピードと安心感です

特に即日のスピードに関しては一刻を争うお客様も中にはいますので早い時間に越したことはありません
不測の緊急で現金が必要になる時は即日対応できるクレジットカード現金が他の金融機関と比べても便利と言えるでしょう。 なぜなら自分名義のがありショッピング枠に残高が残っていれば即日で誰でも利用できるからです。 なかには他社での借り入れの返済日の当日にクレジットカード現金を使うお客様もいます。 その様なパターンの方には振込が申込から一週間後などでは処理が遅くて間に合わなくだめなのです。 即日、午前中や14時までにミスなく申し込みをすれば、結果ほとんどの業者の場合で当日に振り込みが可能になっています。 そういった面で3時までに他社に振り込みをしたい方などは、時間を見つけてなるべく午前中に申し込みを済ませておく必要があります。
即日振り込みは二回目などでは最短5分で可能な業者もあります

女性のお客様がクレジットカード現金に多い理由はなぜなのでしょうか?

家計や生活費などを計算し自在に上手くコントロールしているのはほとんどの場合が女性です
特に一般的な家庭の場合は子育ても家事も全てを女性が任されていることがほとんどです。 最近では男性も幼い子供の育児に積極的に参加するようになりましたが、それでも凡そ半数を超える6割以上が女性にまかせっきりになっているパターンだと言われています。 昨今の経済事情は冷え切っていますがそんな中クレジットカード現金を利用するお客様が男性より女性が多いのは住宅の光熱費や食費なども含めやり繰りをしているからという説もあります。 中には高級なブランド物の購入や週末でギャンブルのパチンコの負けなどにお金が消えている方もいます。 しかし大切な人生のライフスタイルに欠かせない家族のために、思っているよりも女性がこのシステムを利用している事も多いそうです。

現在はどの業者も廃止しているのが女性プランです

2016年現在では、特に女性だからといって換金のメリットがある訳でないのがクレジットカード現金の業界事情です。 2年前に過渡競争により優良顧客の奪い合い、特に女性を取り込みたかったことから女性プランの名目がありましたが、現在ではほとんどのシステムが男女で区別はしていません。 それでもホームページには相変わらず記載しているのは、詐欺に近い集客方法なのですが、外せない事情もあるのでしょう。 所謂、還元率については、実際に電話して問い合わせることで明確な数字が提示されることが多く、曖昧な判断しがたい世間でいうグレーゾーンになってます。

換金目的ならデビットカードでは意味がないクレジットカード現金

銀行の預金口座と連動していて、残金の範囲内でしかショッピングできないのがデビットカードというものです。 クレジットカード現金で使用できるかという質問が多いのですが、結論から言うと換金しても意味がないです。 デビットカードでは即時に引き落としされて、与信枠以上に買い物ができるわけではないので、わざわざ業者を使わなくても自分の口座からお金を引き出せば良いことになります。 16歳から持てるのと、審査が基本不要なので信用力のない属性の人が所持しているケースが多いです。 理屈で言うとクレジットカード現金で引き出すことは可能ですが意味をなさないので辞めておくのが正解です。 資金はあるがネットショッピングをどうしてもしないとならない状況で作成される女性もいます。

このページの先頭へ